検索
  • 久米隆史&北川俊哉

今日のワンポイントデンタル適応論2017/02/02


「感情型」 普段から笑顔の多い方から、「患者さんとの間の沈黙の時間が耐えられない」とお話していた方がいました。 治療の説明をしても相手の反応が薄いと、たくさんお話をして、言わば過剰にサービスをしていたそうです。 心の中では、「相手が何を考えているか?わからないし、不安になる」そうです。 患者さんは説明を聞いて理解する時間が必要なのかもしれません。 もしかしたら速く痛みを取って欲しいのかもしれません。 歯医者さんを信頼しているので、承認の言葉しか出さないのかもしれません。 相手の事情を慮り、心地よくいてほしいという気持ちは、とても尊く大切なものです。 しかし、それが行き過ぎるとかえって自分を苦しめることになります。 適応論を学んでコミュニケーション力を付けたい方はイントロセミナーへ!https://www.facebook.com/events/1631976880444708/


18回の閲覧

最新記事

すべて表示

8月27日(木)歯科衛生士のための咬合セミナー理論編「とにかくわかりやすいDHのための咬合理論オンラインセミナー」開催決定!

暑いですね(汗) 今年はコロナもあり、元気でいることが一番大事です! 夏バテとか言ってられないのでよく食べてよく動いてよく寝てくださいね。 さて、残暑に当協会の咬合セミナー理論編を開催します! 昨年までは4時間のセミナーでしたが、ウエブセミナーで4時間はお互いキツイです(笑) そこで、歯科衛生士さんが絶対知っておいたほうが良いコンテンツに絞りこみ、かつ楽しくお伝えできるように新しく作り直しました。

7月30日(木)19時~WEBセミナー開催決定!「PCだけが予防ではない、歯科衛生士のための咬合セミナー」

おまたせしました! 「PCだけが予防ではない、歯科衛生士のための咬合セミナー」WEBセミナーを開催します。咬合の異常のサインを症例を通して、難しい咬合を楽しくわかりやすく学びましょう! ZOOM経験者も未経験者も楽しく学びましょう♪ 今までは3~4時間のレクチャーだったのですが、オンラインで3時間って、無理じゃない? ということで、ライブは約90分と質疑応答を予定します。 でも、内容が薄くなってし

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com